私が大学で憤怒の猛将ダイダロスを召喚した話

f:id:Dendro1997:20160524215638j:plain

皆さんはダイダロスをご存知だろうか

そう、DM-06で登場した、味方クリーチャーを破壊しなければ攻撃できない代わりに4コストパワー11000という破格のスペックを持ったデーモン・コマンドである。

 

†怒りの瘴気は味方すら巻き込む†

 

 

それは今年の4月の出来事だった。私は大学に進学し、期待と不安を抱きつつも大学生活を楽しんでいた。私には大学生活において絶対隠さなければならないと心に決めていたものがあった。

 

オタク趣味である

 

アニメとかはともかく、ぶっちゃけTCGとか誇れる趣味でもないし私自身中学、高校でオタク趣味をオープンにして酷い目にあった過去があったので、大学では静かに過ごそうと考えていた。

 

ある土曜日の夜、私はいつもどおりよく通っているブックオフで身内とDMを回していた。夢中で回していたこともあり、時計の針は既に7時を過ぎていた。

そろそろ帰るか、とカバンにデッキケースとプレイマットをしまっている途中にふと思う。「そういえば店のストレージ見てなかったな」

昔この店でボアロアックスを100円で2枚拾ったこともあり、割と期待しながらストレージを漁るがこれといったアドは見つからない、最後の望みをかけ闇文明のカードを漁る。「ブラックサイコとか落ちてねーかな」

まあそんなに都合よくサイコが落ちてる筈もなく、闇文明のストレージを見終わろうとしていたとき、身内から懐かしいカードがあったという報告を受ける。

それがダイダロスであった。私が小学生の頃は軽いデーモンコマンドは大変貴重でありこのカードは私が当時使っていたバロムデッキにとっては喉から手が出るほどほしいカードであった。(当時は割と高くて手が出せなかったなぁ)

それが今、50円という価格で目の前に置いてあったら買うしかないでしょ。

しかし購入したものの使い道が無く、次第に私はダイダロスの存在を忘れていった…

 

それから1ヵ月後、事件は起こった

 

大学での昼休憩の時間、いつも通り私は大学の友達数人と昼飯を食べていた。

飲み物でも買ってくるかと小銭を取り出そうと財布を手に取る、すると疲れで手元が狂ったのか、汗で手が滑ったのか、原因は定かではないが財布の中身をテーブルにぶちまけてしまった。あちゃーと思いながら散らばった中身を拾おうとテーブルを見たとき、そこには信じがたい光景が広がっていた。

 

数々のポイントカードとともに、ダイダロスがテーブルに召喚されていた。

 

頭の中が真っ白になった。ホワイトアウト

そういえば買ったきり財布に入れっぱなしだった

当然テーブルには友達がいるわけで、終わったと確信していたのだが

 

 

友「うわ懐かしい、DMって今レッドゾーンって奴が強いんだっけ」

 

優しい世界     (あとで聞いた話だけど、友達に現役DMPがいてレッドゾーンとかの最近のカードはそこ情報らしい)

 

書いてて思ったけど、別にTCG趣味バレって そんなに怖いことでもない気がしてきた。

けどやっぱり、一般人からしたら変わってる趣味なんだってことは理解しておく必要はあると思う。人によっては馬鹿にしてくる人もいるしね(経験談) 

 

 財布にカード入れっぱにするなよ絶対だ

 

 

では